≪ 2017 09   1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 - - - -  2017 11 ≫
*admin*entry*file*plugin| 文字サイズ  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


5月31日(日)ショウタンさんのお誘いでRの会の
沢歩きに飛び入り参加してきました。

2009-05-31-047.jpg
これで2度目の沢歩き、ハマってしまいそうな自分が怖い。(笑)

▼続きを読む▼

【とうとう沢屋さんに】
>ハマってしまいそうな自分が怖い
滝上での余裕のポーズなんか見ていると
完全にはまっていますとも

>ショウタンさんも果敢に攻めまくり
‥藁をも掴む、の絵に見えるのはhanasakuだけでしょうか

水が、緑が、きれいですね
【沢もいいね~】
おはよう~^:^
ご無沙汰していました。相変わらず歩いていますね~
沢歩き、これからの時季は涼しくて楽しいですよね。でも・・・このコースは大変そうです。
「鹿」がいるんですか。もちろん野生ですよね。
ずっと前、奈良公園に行ったとき、鹿とにらめっこして負けました(爆
【スクープ出来なくて残念!!】
おはようございます。
久しぶりに御一緒でき楽しかったです。
尾根を降りての新緑の森、感激しました。
それと最後の谷の反対側の尾根で
真ん中の谷をはそんで
「命ッ」をなさってるのには全然気づきませんでした。
スクープを狙っていたのに残念!!(笑
【】
楽しい沢有り難うございました
ソウルさんのバランスは相当良いですね
ふらつく所見たことがない
これからも時々は一緒に遊んでくださいね
【いいでしょ~】
沢に出るまでの森もいいでしょ?
私は昨年の6月二週に歩いたのですが
下山後ネット拝見してると千丈平でお会いしたのは
奈良の爺々さまご一行だったようです
もしかすると、今回行かれた方もいらしたかも
しれませんね!
この日は寒かったでしょうね、きっと
ソウル先輩は、なんでこんな日に天ぷらうろん
がぁ~って泣いてたことでしょう( ̄ー ̄)
今週末我が家も行く予定です!
【】
どうもお世話になりました。面白かったですね。
ソウルさん、常に冷静に歩いておられました。
私は何回も滑ってコケました。
帰り、ここ(温泉)寄ってはるやろなーって思いました。
また、飛び入り参加してください。
【】
もう完璧な沢屋さんになっちゃいましたね!
我家には絶対真似できませんわん。
水も緑もメチャ綺麗!そやけど冷たそうやなぁ~
【】
>hanasakuさん
いえ全然余裕なんかなかったですよ。
ただ絶壁じゃなかったので命!ぐらいは
かろうじて出来ました。
ホント師匠のチャレンジャーぶりには圧倒されます。
今回のコースは特に森が綺麗だったですよ。


>パンジーさん
ご無沙汰しております。m(__)m
相変わらず歩いてますよー、病気ですから。(笑)
暑い時の低山歩きに比べたら沢は天国ですね。
ただ冷房が効き過ぎる場合がありますが。
この山は登山客が多く、中にはエサを与える人がいるんでしょうね。
可愛いけどシカ害が問題になっているので複雑ですね。
>鹿とにらめっこして負けました
えっ?そんなオモロイ顔した鹿いるんですか?


>奈良の爺々さん
ネットで交流があるとわずか2回目とは思えません。
ひとつ残念なことは爺々さんのお尻の写真を撮り忘れたことですわ。(爆)
新緑の森は本当に美しかったですねー。
最後の突き上げでアッという間に姿が見えなくなって
呼びかけに答える爺々さんの俊敏さには参りました。
最後尾で皆の安全を見届けてくれるからこそ
安心して楽しく沢を歩くことができるんです。
本当に感謝です。m(__)m


>ショウタンさん
寒くなるのを怖がって水を避けていた私に比べ、
真っ向勝負を挑んでいた師匠には完敗です。
師匠を見習い、少しずつ装備を揃え真っ向勝負
できるよう頑張ってみようと思います。
また誘ってください。


>スロトレさん
ホントあの森にはヤラレました。
西大台以来でしょうか森で感激したの。
しかしまぁスロトレさんもディープなとこ
歩かれてますねー、やっぱ病気?(笑)
沢歩きで唯一不満足な点はゆっくりうろんを
食べられないことですね。
あまり水に浸からずに歩いたので寒くなかったですよ。
スロトレさんも沢デビューですか?
レポがまた楽しみです。


>RIKOさん
RIKOさんも果敢に攻めまくってましたねー。
唇の色変わってるの見てこっちまで寒くなりました。(笑)
私も一度滑って膝を打ちましたよ、危ないとこでした。
また突然飛び入り参加するやもしれません。
そん時はよろぴくお願いしますね。


>たかっさん
いやいやまだまだ巻いてばかりで
まともに水浴びしてないよ。
沢靴ってほんと強力な兵器やなぁ。
全然すべれへんから安心して歩けたわ。
歩いてたら全然寒くないよ、止まったら死ぬけど。(笑)
【お疲れさんです!】
こんばんは~、凄いですねコレ、そりゃ「危険」ですよ、
全身ずぶ濡れにならないんですか?
雰囲気伝わりますよ、いや、スバラシイ、
ホント楽しいです(見てるとですよ、見るだけ ^^;)、
青沢ガニいませんでしたか?チムニー?
チム・チム・チェリーなら知ってます(^^)、
ウェス・モンゴメリーが演っているLPを
たまたま持っていてそれが気に入ってます、
ハイチーズは知りません、ハイラマズなら
知ってますが...

これは風呂は入らないと帰れないですね、寒そう、
ホントにお疲れ様でした!
【>jesse-edさん】
最後の突き上げだけはチョイ危険でしたが
あとは比較的穏やかなコースでした。(ホンマか?)
膝より深く水に入ると後でやたら寒くなるので
深いところは巻いて(流れの脇を通って)
なるべく濡れないようにしてました。
赤腹イモリはいましたが青沢ガニは見かけませんでしたよ。
チム・チム・チェリーって日本語訳で
♪私は煙突掃除屋さん・・
って誰かが歌ってた気がしますが誰やったやろ?
ハイラマズって知りませんねー、ラマーズ法なら知ってますが・・。
(どこまで行くんや?)

沢は段差を乗り越える箇所が多く、太ももがパンパンに張るので
お風呂でストレッチを入念にしないと
あくる日がこたえるんですよ。(泣)
【気になる木】
沢歩き木になる木DES。
最近他のサイトでも見て気になって増田明美。

でも秘湯もはずセナイ・・・・・
キャンプも・・・・・・
【>AlesHemskyさん】
私も沢は危ないからちょっと・・・
って思ってたんですが装備さえちゃんとして
ザイル・ワークが達者な方が居れば楽しめますよ。
沢でキャンプっていいでしょうね。
【いつのまに?】
イツカラ沢屋さんにスゴイです。気が付けば先頭をコレマタ凄いです。自然が大好きなところが伝わってきます。
【>N夫婦さん】
前日、急にショウタンさんから誘われたんですよ。
ベテランさんばかりで迷惑かけたらどないしよう?
って内心不安やったんですけどね。
沢に入ったらそんなのどっか行ってしまいましたわ。
森も沢も綺麗でめっちゃ気に入りましたよ。
【おお~!お仲間ですね】
おはようございます。
沢に親しむものとしてはうれしゅうてなりません。めちゃんこ暑~い夏は冷たい沢で沢クールに限りますよね。これでビールを冷やしながらぐぐっていうのも、コーヒー沸かすのも最高です。

ナメはいい感じですね。ザレ場ガレ場は小生も超苦手ですが、ほんまお互い安全に気をつかいますね。
【>ふぇるめーるさん】
ふぇるめーるさんの写真で初めて知った
前鬼川の綺麗さも体感できたし沢歩きっていいですね。
危険なイメージばかりがあってずっと敬遠してたんですけどね。
しっかりしたリーダーに巡り合ってどんどん世界が広がってます。
暑い夏は沢を歩く方が断然楽しいみたいですね。
沢は最後のツメが怖いとこ多いですから
ホント緊張します。
【がんばってますね!】
おお、がんばってますねー!楽しめたようで何よりです。
そういえば登りはじめに危険の看板ありました。あそこから沢に入る道があるんですね。
膝を傷めてからは3年のブランクも祟って軟弱登山ばかりです。こんな苛酷なコースはとてもとても・・^^;
釈迦は実に7年ぶりでした。旭からの稜線歩きは本当に気持ち良いです♪

最近は平日の一人歩きばかりですが、ご近所さんですし機会があればぜひどこかのお山でご一緒しましょう♪
【>ふうまさん】
これが2度目の沢歩きですがめっちゃ楽しかったです。
暑いのが苦手なので夏場は沢歩きの方が合ってるかもしれません。
(初心者向けの沢に限りますが)
膝が痛くなると急激な下りが特にこたえますよね。
無理をせずまたボチボチ歩いて素晴らしい写真を
これでもかというぐらい見せつけて下さい。
>機会があればぜひどこかのお山でご一緒しましょう
ありがとうございます、ぜひご一緒させて下さい。
【】
はじめまして!
ときどき拝見させていただいてます。
このコース、スロトレさんやリカさんも歩かれてて、オイラも川沿いに歩いてみたいな~と、
気になってました。
タイムリーな記事を見せていただきありがとうございます。
【>dahanさん】
ご来訪&コメントありがとうございます!
スロトレさんとこでお名前はちょこちょこ
拝見させていただいてました。
沢沿いを歩いて大日岳へ突き上げる・・・
というコースも面白そうですよ。
まぁ沢はとにかくあの森は一見の価値ありです。
お気をつけてチャレンジして下さい。
この記事へコメントする















blueeyedsoul

  • Author:blueeyedsoul
  •  <HN>
     blueeyedsoul
    白人によるソウル・R&Bを
    ブルーアイド・ソウルと
    呼びます。
    音楽の中で一番好きなので
    この名前にしました。
      <年齢>
     1959年2月生まれ
     <居住地>
     和歌山県在住
     <パソコン歴>
     約9年
    OSはWindows XPを使用
     <山歩き歴>
     約9年(低山ばかりです)

    みんなのプロフィールSP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。